腰が痛い原因は、以下の通りです。 ・筋肉疲労および筋力の低下 ・骨格の歪み ・血行不良 ・ストレス 筋肉疲労や筋力の低下が原因で、腰痛を引き起こしていることも多いでしょう。 デスクワークをしている方やスポーツをしている方、運動不足の方、体の柔軟性が無い方などは、腰痛になりやすいです。 それに、骨格が歪みが原因で腰痛を引き起こすこともあるので、姿勢には十分に注意してください。 例えば、猫背の方や歯並びが悪い方、脚を組む癖のある方などは、腰痛になる可能性が高いです。 また、血液の流れが悪いと筋肉がこりかたまってしまい、腰痛を引き起こします。 そのままの状態にすると、ますます症状が悪化するので、早めに対処しないといけません。 運動不足の方やいつも同じ姿勢で長時間作業をしている人は、血行不良になりやすいでしょう。 そして、一見関係がないように感じますが、ストレスも腰痛を起こす原因だといわれているので、ストレスの軽減を意識した生活を送るようにしてください。 腰が痛い原因は主にこのようなものですが、これ以外にも、病気や月経が原因となって腰痛が起こることもあります。